トップページ : 治療について

治療について

歯科口腔外科

歯科口腔外科とは
お口の中や周囲に生ずる様々な疾患に関する治療です。
全身状態にかなり注意が必要な方、神経や他の臓器に接近した症例の方などは、日本歯科大学、聖路加病院、慶應大学病院などの高度先進医療機関と連携して対応しています。
口腔外科とは虫歯や歯槽膿漏あるいは入れ歯の治療だけではなく、口の中に発生するいろいろな疾患に対応する診療科です。
また口の中だけに限らず、周囲の隣接する組織に起こる疾患、全身疾患と関連のある口の中に生じる疾患、あるいは有病者(何らかの病気を持っている方)の治療を行なっております。
たとえば、
  • ・親知らずなどの抜歯
  • ・顎関節症
  • ・歯周外科
  • ・再生療法
  • ・マウスガード(スポーツなどの外傷予防) など
マウスガードには、スポーツ用品店やインターネットなどで販売されている簡易型のものもありますが、口を開けるとすぐに落ちてしまったり、正しい咬み合わせができずに、顎関節を痛めたりするなど、かえって危険なこともあります。歯科医院で精密な型をとって、ご自分にピッタリ合ったものを作ることをおすすめします。
マウスガード
  マウスガード
乳歯の歯科治療
耳慣れない言葉かもしれませんが、文字通りに解釈すれば口腔(口の中)の外科一般を扱う科です。
たとえば顎骨のなかに埋まっている親知らずの抜歯、口のなかのできものの切除術などです。
しかし、外科だけを扱う科では決してありません。
顎・口腔には多種多様な病気が起こります。
顎骨炎、骨髄炎、口内炎(難治性も含む)、顎関節症、神経痛、癌(歯肉癌・舌癌etc)、口腔心身症など、列挙すればきりがないほどです。
口腔外科という診療科は、このように顎・口腔に起こる様々な病気の診断を下し、治療をする科でもあります。また、心臓病、糖尿病などの全身疾患をかかえられた患者様の歯科治療を安全に行なう役割も担っています。
また、顎骨骨折や口腔腫瘍などの高度医療機関での治療が必要な場合には、ご紹介いたしておりますので、何でもお気軽にご相談ください。
▲ページトップへ