トップページ : 治療について

治療について

インプラント

担当医 トグチ ミノル担当医 トグチ ミノル
つい最近まで歯を失った場合は失った歯をもどすことは不可能でした。そのため、両隣の歯を削って橋を架けるようにしたクラウンブリッジ、或いは取り外しのできる義歯などの治療が行なわれてきました。 そこに登場したのがインプラントです。インプラントは失った歯を支えていた部分に人工歯根を挿入し、その上部にクラウンや義歯を装着し歯の復元を図る画期的な技術であり、その進歩には目を見張るものであります。
しかし、注意していただきたいことは、インプラントはあくまでも人工物であり、本物の歯ではございません。やはり、親から頂いた歯には勝らないわけです。それでは何故インプラントを施術するかですが、わたくしたちは皆様方のお口に残っている歯がこれ以上失われないようにするため、つまり、現状を維持(maintenance)するためにインプラントが必要と考えています。従ってインプラントがあるから歯を失っても大丈夫、このような考えでは困ります。やはり、ご自身の歯が1番ですから、日々、歯を大切になさってください。
  • 顎の骨に金属を埋め込んでも身体に害はないのですか?使用する金属は、生体となじみ易く、腐食しないチタンを使用していますので安全です。
  • 治療に年齢制限はありますか?最低16歳以上(骨の成長ほぼ終了)で、医学的、解剖学的に条件が満たされている限りどなたでもインプラント治療が受けることができます。年齢の上限はありません。
  • インプラントの治療期間は?通院期間は、歯槽骨との結合を待つ期間がございますので、上顎ですと3~6ヶ月、下顎ですと2~4ヶ月の治療期間が必要です。通院回数はスタンダードなケースでおよそ5~10回の通院で治療は終了します。
  • インプラントはどれ位(寿命)もちますか?インプラント自体は錆びたり変質することなく半永久的です。しかし一人ひとりの生態はそれぞれ異なります。
    ご自身のお手入れ、メインテナンスが寿命に影響しますので、定期的なチェックを受ける必要があります。
  • 治療は保険でできますか?インプラント治療は自費診療ですので保険を使用することはできません。費用はインプラントする範囲や難易度によって異なりますのでご相談下さい。
  • 歯がまったく残っていない場合でも治療できますか?歯が1本も残っていない患者さんには、上顎、下顎に各5~6本のインプラントを埋め込んで義歯を支えます。インプラントを2~3本しか入れられない場合には、取り外し式の入れ歯で対応できます。この入れ歯は従来の総入れ歯と異なり、しっかり顎の骨に固定されますので、以前のように動くことはありません。
治療事例
最新の技術の中でも、信頼性の高い、患者さんに安心していただくために、自信を持って提供できる材料、術式を厳選して、治療に活用しております。当医院では、主に30年以上の歴史のあるスイスのITIという安全なインプラントを使用しております。既存の治療方法の中にも、ゴールデンスタンダード(Golden Standard)といわれるように、確立した、実績のある治療法も組み込んで、最高の結果をもたらせるように、努力しております。
患者さんを中心に、歯科医師、医師、歯科衛生士、歯科技工士、クリニックスタッフと共にインプラント治療をチーム医療として取り組んでおります。>> ITI インプラントとは
右下奥歯(第1大臼歯)治療例
右下奥歯(第1,2大臼歯)治療例
右下奥歯(第1大臼歯)治療例 右下奥歯(第1,2大臼歯)治療例
■料金:
・インプラント埋入手術代
¥262,000(税込) ・インプラント埋入手術代 ¥525,000(税込)
・上部アバットメント(土台)
及びセラミッククラウン
¥210,000(税込) ・上部アバットメント(土台)
及びセラミッククラウン
¥420,000(税込)
■治療期間の目安:
2~3ヶ月(通院1回/週)
■治療期間の目安:
2~3ヶ月(通院1回/週)
■治療の特長:
健康な両隣りの歯を削らずに回復できます。
■治療の特長:
手前の歯に負担をかけずに、奥歯だけで咬めるように
なりました。
右上奥歯(第2小臼歯、第1・2大臼歯)治療例
右上前歯治療例
右上奥歯(第2小臼歯、第1・2大臼歯)治療例 右上前歯治療例
■料金:
・インプラント埋入手術代
¥787,500(税込)(税込) ■料金:
・インプラント埋入手術代
¥262,500(税込)
・上部アバットメント(土台)
及びセラミッククラウン
¥630,000(税込) ・上部アバットメント(土台)
及びセラミッククラウン代
¥210,000(税込)
・骨造成術
(人工骨、吸収性膜代込み)
¥105,000(税込)
■治療期間の目安:
3~4ヶ月(通院2~3回/月)
■治療期間の目安:
2~4ヶ月(通院:1回/週)
■治療の特長:
入れ歯で合わない部分が、ご自身の歯の様に
回復できました。
■治療の特長:
骨が少ない所に特殊な材料を使って骨を造成して、
審美的に回復できます。
インプラント10年システム
せっかくインプラント治療をしても、何らかのアクシデントで歯根が折れてしまったら、歯が欠けてしまったら?
そんな不安に応えるために、株)IGSと海外優良再保証機関のインプラント10年保証の認定を受けております。
インプラント治療の流れ
  • 初診時にお口の全体検査をさせていただき、インプラントについてのご説明をさせていただきます。患者様のご要望を取り入れながら、治療計画を立て、治療方法を提示させていただきます。
  • 患者様の歯型やレントゲン写真、特にインプラントの部位は歯科用のCTなどの診査が必要になります。
  • 手術は完全滅菌で行います。部分麻酔単独または不安の強い患者様には無痛鎮静法(点滴)の併用も行えますので痛みはありません。手術時間は、1本の場合15~20分程度で、全体としても平均1時間前後で終了します。
  • 手術後通常、6~8週間は骨との結合時間をおき、その後仮歯を調整することもありますが、型取りは通常の天然歯と同じようにセラミックの歯に移行していきます。
  • 専門の歯科衛生士による衛生指導のもと、日頃の衛生管理をしていただきます。 通常は、1ヶ月後、3ヶ月後、半年後、1年後の定期チェックに来ていただきます。
偶然から発見された“インプラント革命” チタン製のスクリューを骨に埋め込むという術式は、スウェーデンのルント大学の整形外科医ブローネマルクによって実験中に偶然発見されました。その後、13年間に及ぶ動物実験により、骨とチタンが接触する面に骨が形成され結合することが解明されました。また、大きな圧力にも耐え、アレルギー反応も無いことを確認し、1965年に最初の患者さんへの臨床応用を行い、同医師は1965年から1975年までの10年間の歯科インプラント治療に関する論文を、自著「OSSEOINTEGRATED IMPLANTS」の中で発表しております。現在、歯科用インプラントメーカーは、世界に100社以上あるといわれ、まさに歯科界に革命を起こしたのです。 その後、30年以上の臨床経験と100万人以上の人が治療を受けた結果世界中の臨床医たちのリサーチにより、上顎で85%以上、下顎で95%以上の高い成功率が維持されています。
▲ページトップへ