トップページ : 治療について

治療について

小児歯科

小児歯科とは、ただ大人と違って歯が小さいだけではありません。ただ子供の虫歯を治療するだけでもありません。虫歯の予防に勤め、乳歯が萌出してから永久歯が正しい位置に生え変わるまでお口の健康を維持していかなければいけません。
子供の頃の記憶は大人になっても消えず大人になっても虫歯で苦労している方はおりませんか?乳歯の時に虫歯を多く作り治療しないでいると永久歯になって歯並びが悪くなります。
齲蝕予防
小さな頃から歯ブラシになれてもらうため、お母様と一緒にがんばりましょう。
フッ素は虫歯予防に効果があります。定期的なフッ素塗布をしましょう。
生えてきたばかりの幼弱永久歯は虫歯になりやすいため、予防のためシーラントをお勧めします。
  • フッ素製剤フッ素製剤
  • フィシャーシーラントフィシャーシーラント
乳歯の歯科治療
乳歯の虫歯は永久歯と違い進行が非常に早く隣接や歯頸部に多く見られます。定期的な検診を心掛けましょう。
乳歯のレントゲン写真この虫歯は咬み合わせから見ただけではなかなか見つかりません。
見た目は小さくても中で広がっているのが判ると思います。
乳歯の歯髄空(神経の部屋)は大きく神経の治療に移行しやすい特徴があります。
乳歯の下には永久歯があり、放置すると永久歯にも影響が出てしまいます。
乳歯の虫歯の放置は永久歯との交換を阻害し歯列不正の原因になります。
小児矯正
小児の矯正は基本的に正常な永久歯列へと誘導することを考えます。
成長期の不正咬合はズレが小さい為に簡単な矯正装置から始められます。
  • 咬合誘導装置咬合誘導装置
  • 補隙装置補隙装置
早期に乳歯を喪失した場合は永久歯が生えてくるまでに補隙装置(クラウンループ、ディスタルシュー)を入れます。
▲ページトップへ