補綴科(ほてつか)

補綴治療(ほてつちりょう)について

歯が欠けたり、なくなった場合にクラウン(冠)やブリッジなどの人工物で補うことを「補綴(ほてつ)」と言います。このような治療法の場合、特に歯(歯根)がしっかりとして長期に渡り機能していかなければなりません。

<歯牙の補強について>

特に神経の治療されている歯についてですが、一般的に脆くなっていきます。このため、歯の補強の為に神経のあった部分に土台を入れなくてはなりません。従来の治療では、この場所に金属を用いてきました。この金属により、いくつかの問題が生じてきています。

1)金属が歯よりも硬いため、力が掛かった時に歯の根が割れてしまうことがある。
2)金属の中のイオンが溶け出して腐食してしまう。

このような問題点を改善したもので、ファイバーコアーというグラスファイバーで出来た補強材があります。グラスファイバーは、歯と弾性係数が近似しているため、応力を分散し、負担を大幅に軽減します。 また、腐食による変色も見られません。 以下の症例のように、オールセラミックスクラウンで直す時は、透明感があり、より審美性の高いものになります。

オールセラミックスとメタルクラウン

現在でも噛合わせの力がとても強い方、歯の磨り減りが大きい方には現在でも用いますが、微量ながらも体に決して良いとは言えない金属も含まれています。体の事を考えますと、これからはメタルを極力使わない治療が望まれると思います。