特殊義歯治療

特殊技師とは、通常の技師に対して、
1より機能を重視して作られるもの
2より見た目、装着感を重視して作られるものの事を言います。

1.より機能を重視して作られるもの

コーヌスクローネと磁性アタッチメントという茶筒のような金属の二重金属冠と磁石をミックスしたものです。二重になっている金属冠で義歯の動きを抑え、磁石でより外れないようになります。義歯の機能にとって、定位置に収まり、噛んでも動かないことが一番大切です。この方法であれば、長期間に渡り安定すること間違いなしです。

2.より見た目、装着感を重視して作られるもの

義歯とはこうでなければならない、と書かれたものがたくさんありますが、ここで皆様に提案したい事は、用途に合わせて洋服と同じように着替えても(義歯ですから入れ替えても)良いのではないかと考えます。例えば以下の様なものです。

ホワイトクラスプ

ホワイトクラスプと言って、従来のバネを目立たなくしたものです。 また、全部の義歯でも

上あごを被う部分を少なくして入れた際の違和感を少なくしたり、歯と歯の間を少し開けて空気の抜け具合を良くしたり、機能は少し落ちますがお出かけの際には有効ではないかと考えます。
その他、バネの見えない義歯としてアタッチメント義歯と呼ばれるものもございます。

その方にとって何が一番重要なのか、またいくつか義歯をお持ちいただいて、使い分けていただくことも必要なのではないかと思います。 個々の患者さまにとって、ライフスタイルまた目的に応じて使って頂ければ、今までと違う価値観を見出していただけると確信しております。